Top >  メタボリックシンドロームとは >  内臓脂肪型肥満が危ない

内臓脂肪型肥満が危ない

メタボリックシンドロームの診断基準では、肥満、特に「内臓脂肪型肥満」 であることを重要視します。

なぜなら、内臓脂肪の蓄積は、それだけで生活習慣病の危険因子なのですが、さらに内臓脂肪は血糖値や中性脂肪、 コレステロールなどの血液データに悪影響を与え、代謝異常を引き起こすからです。

体内の脂肪組織には皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

下の図は、CTスキャンによる腹部の横断面をイラストにしたものです。

内臓脂肪型肥満が危ない

 

左が皮下脂肪型肥満、右が内臓脂肪型肥満です。両者の間では脂肪の付き方が全く異なることがわかります。

皮下脂肪と内臓脂肪はそれぞれどのようなものか、そして、2つのタイプの肥満の特徴について説明します。

皮下脂肪型肥満とは

内臓脂肪型肥満とメタボリックシンドローム 皮下脂肪とは、名前のとおり皮膚組織の下にある脂肪です。 スマートな体型がもてはやされる現在の風潮では、皮下脂肪は美容上の「敵」とされています。

しかし、皮下脂肪は本来は寒さや衝撃から身体を守る役割があり、基本的には健康にそれほど悪影響を与えるものではありません。

皮下脂肪は特に女性では妊娠、出産のためのエネルギーの蓄えという役割があります。 一般的に女性のほうが体脂肪率が高いのは皮下脂肪が男性より多いからです。

お尻や太ももに脂肪のつきやすい「下半身型肥満」「洋なし型肥満」は、皮下脂肪の多いタイプで、女性に多く見られます。

メタボリックシンドロームの元凶は「内臓脂肪」

一方、内臓脂肪とは、腹腔内に存在する脂肪組織です。内臓脂肪は内臓と内臓のすきま、内臓の周囲にあります。

内臓脂肪とは、内臓を本来あるべき位置に正しく固定する役割があり、その意味ではある程度は必要なものです。

ところが、内臓脂肪は動脈や内臓のすぐ近くにあるため、脂肪組織が肥大すると、健康にさまざまな害を及ぼします。

内臓脂肪型肥満とメタボリックシンドローム たとえば、血液の中性脂肪値が高くなり、いわゆるドロドロ血の「高脂血症」、 内臓脂肪の影響によって血糖値が下がらなくなる「糖尿病」、そして「高血圧」「動脈硬化」なども発症します。

これらの症状は痛みや身体の異常などの自覚症状があまりないのですが、数年から数十年という時間をかけて徐々に進行し、 ついには心臓や脳の血管を詰まらせる「心疾患(心筋梗塞・脳卒中など)」「脳血管障害(脳卒中など)」 を引き起こします。

内臓脂肪が多いタイプの肥満は「上半身型肥満」「リンゴ型肥満」とも呼ばれ、お腹が出っ張った体型で、男性に多く見られます。

また、見た目は太っていなくてもお腹だけがポッコリと出ている「隠れ肥満」の人もこのタイプに入る場合があり、 健康面で注意が必要です。

メタボリックシンドロームで死亡危険率が36倍に

(内臓脂肪)肥満・糖尿病・高血圧・高脂血症はメタボリックシンドロームが制定される以前から「死の四重奏」と呼ばれていました。

この4つの症状は単独で発症することは少なく、ほとんどの場合、いくつかが組み合わさって発症するからです。

しかも、組み合わさって発症することによって、心疾患や脳血管障害などの病気になるリスクが何倍にも跳ね上がります。

心疾患を発症するリスクは、メタボリックシンドロームのこれら4項目のうち、2項目が当てはまる場合は健康な人に比べてリスクが約6倍、 3-4項目が当てはまる場合は約36倍にもなります。

心疾患とメタボリックシンドローム

近年、心筋梗塞や脳卒中で死亡する人数が高くなっていますが、この大きな原因はメタボリックシンドローム、 とりわけ内臓脂肪の蓄積が元凶なのです。

メタボリックシンドロームとは

2005年4月に公表されたメタボリックシンドロームの診断基準とは?
メタボリックシンドロームとは何かについて解説します。

関連エントリー

メタボリックシンドロームとは? 内臓脂肪型肥満が危ない 内臓脂肪の恐怖 小児メタボリックシンドロームの基準