Top >  生活習慣病の症状、予防と対策 >  高脂血症の症状と治療方法

高脂血症の症状と治療方法

高脂血症(2007年4月からは「脂質異常症」に名称変更となりました。しかし、まだ一般的には高脂血症という言葉のほうが普及しているため、ここでは高脂血症といいます)に当てはまる人は、現在約3,300万人とされています(2005年厚生労働省推計)。
つまり、4人に1人の割合で高脂血症ということになります。

高脂血症に関係の深い中性脂肪やコレステロールなどの言葉は良く知られていますが、実際に高脂血症の人は非常に多いのです。

ここでは、メタボリックシンドロームの要因としての高脂血症の原因と症状、 治療方法について説明します。

高脂血症の原因

高脂血症とは、血液中の中性脂肪(トリグリセリド)やコレステロールが異常に多い状態を言います。

この状態は血液の粘性が高く、いわゆる「ドロドロ血」の状態です。

高脂血症の原因としては、脂肪分の多い食事、運動不足、喫煙、過度のアルコールなどがあげられます。
家族に高脂血症の人がいるなど、遺伝的体質も高脂血症の発症に影響を及ぼします。

また、女性の場合、更年期を迎え女性ホルモンの分泌が減少すると、LDL(悪玉)コレステロールが増えて高脂血症 (高コレステロール血症)にかかりやすくなります。

高脂血症の症状

高脂血症自体は、基本的に無症状です。これという自覚症状がありません。
しかし、だからこそ怖いともいえます。高脂血症の自覚症状がないため、本人が気づかないまま症状が進行していきます。

高脂血症が進行すると、動脈にコレステロールが沈着し、動脈硬化(粥状動脈硬化・ アテローム動脈硬化)が進行します。
動脈硬化を起こした部分の血管は傷つきやすいだけでなく、詰まりやすくなり、血液が流れなくなります。

また、その部分で生じた血栓が、心臓や脳の血管にまで流れると、そこで血管が詰まり、心疾患や脳血管障害を起こします。

高脂血症は、血液検査でコレステロール値や中性脂肪値をはかることで診断することができます。
しかし、動脈硬化については現在のところ、有効な検査方法はありません。
したがって動脈硬化が進展する前に予防することが大切です。

高脂血症の治療方法

高脂血症の治療方法は食事療法・運動療法・薬物療法とに分類されます。

食事療法は、コレステロールや脂質の多い食事を控えることが基本です。
食物繊維を多め(1日20g以上)にとること、塩分を控えめ(10g以下)にすること、不飽和脂肪酸(青魚などに多く含まれる) を多めにとることなども心がけると良いでしょう。
また、血液をさらさらにするためには水分も多めに飲むようにしましょう。

高脂血症の運動療法は、他の生活習慣病と同じように有酸素運動が勧められます。
「やや楽」から「ややきつい」と感じる程度の強さの運動を、一日に20-60分、週に3回以上を目標としましょう。
運動の種目としては、ウォーキング、ジョギング、スイミングなど、一定のペースで続けられるものがよいです。

一度にたくさんして終わり、というのではなく、継続することが大切です。

高脂血症の薬物療法は、スタチン系などの、コレステロールの生成を抑える薬などを使用します。
すでに動脈硬化を起こし、心疾患などの症状があった人や、糖尿病や高血圧といった、 他のメタボリックシンドロームの危険因子を持っている人は、とくに薬物療法でしっかり治療する必要があります。

生活習慣病の症状、予防と対策

関連エントリー

糖尿病の症状と治療方法 高血圧の症状と治療方法 高脂血症の症状と治療方法 サンサン運動で内臓脂肪燃焼