Top >  メタボリックシンドロームの問題 >  特定検診・保健指導とは

特定検診・保健指導とは

 特定検診・保健指導とは、2008年度から始まる新しい健康診断のことで、40歳から74歳の方を対象にしています。

 特定検診・保健指導は、いわば「メタボ検診」。つまりメタボリックシンドロームやその予備軍の人を検診で調べ、 運動や食事などの指導を行い、メタボリック症候群人口を減らそうという試みです。

 従来の健康診断といえば、身体に異常があっても、受診者には単に異常を通知するだけで、 精密検査や治療をするかどうかは本人次第という面がありました。ところが、特定検診・保健指導では健康診断だけで終わるのではなく、 その後のフォローも行うという点が違うのです。

 メタボリックシンドロームやその予備軍の人が重大な症状に苦しむ前に、適切な指導で予防し、その芽を摘み取る。これには 「メタボ人口」を減らして医療費の削減にもつながることが期待されています。

特定検診・保健指導の内容

 では特定検診・保健指導は実際にはどのような基準で行われるのでしょうか?

特定検診・保健指導 受診者がメタボリックシンドローム、あるいは予備軍と診断された場合、「積極的支援」「動機付け支援」という2種類のアフターフォローがなされます。

 「積極的支援」は、より危険度の高い人が対象で、保健師や管理栄養士との面接を行い、その後一定期間、 継続的に電話やEメールなどで指導を行うという支援です。一方、「動機付け支援」は危険度が低い人が対象で、面接を一回行い、 指導を受けるというものです。

 どちらの支援が行われるかは、メタボリック症候群の程度、喫煙習慣、年齢によって決定されます。その基準は次のとおりです。

メタボリックの程度喫煙習慣年齢支援内容
メタボ-40-64歳積極的支援
メタボ-65-74歳動機付け支援
予備軍あり40-64歳積極的支援
予備軍あり65-74歳動機付け支援
予備軍なし-動機付け支援

(予備軍:腹囲径の基準を満たし、かつ高血糖・脂質異常・高血圧のうち1つのみに該当している人)

メタボリックシンドロームの問題

メタボリックシンドロームという概念は、心筋梗塞や脳卒中を招きやすい健康状態をはっきりと浮かび上がらせたと同時に、その診断基準や治療の方向性について、疑問視する声もあります。
ここでは、このようなメタボリックシンドロームに関して指摘されている問題点についてまとめました。

関連エントリー

診断基準の問題点 薬物療法の問題点 診断基準、ますます混乱? 特定検診・保健指導とは