AdSense導入に伴う広告に関する説明

本サイト「メタボリックシンドロームの真実」ではAdsenseによる広告を表示しています。
ここでは、Adsenseの広告表示についてご説明いたします。

CookieおよびWebビーコンについての基本的な説明

「メタボリックシンドロームの真実」においては、広告の掲載に伴いクッキーやWebビーコンと呼ばれる技術を使用しているページがあります。
クッキーとは、それを使用するWebサイトが閲覧者のコンピュータのハードディスク内にインストールされているブラウザ内のクッキー・ファイルに転送する文字のみで構成された情報です。
これによりWebサイトは利用者(正確には利用者が利用しているブラウザ)を識別できるようになります。

クッキーには通常、クッキーの送信元ドメインの名称、クッキーの「寿命」に加え、1つの値が格納されています。
通常、この値はランダムに生成されたユニークな数です。
クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、閲覧者に有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。
クッキーにより、閲覧者の使用するブラウザは特定されますが、閲覧者個人を特定できるわけではありません。

また、Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります)は、特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。

クッキーおよびWebビーコンの情報の処理

「メタボリックシンドロームの真実」上の広告で使用されるクッキーおよびWebビーコンはGoogle INC.のプライバシーポリシーに沿って厳格に管理されており、効果的な広告配信とそのデータ収集の目的に使用されます。

クッキーの無効化と有効化についての説明

ブラウザの設定を変更することにより、クッキーの受け入れ可否を選択することができます。
また、ブラウザのクッキー・フォルダに保存されているクッキーを削除することもできます。

ご利用のブラウザでクッキーを無効化したり削除する方法がご不明な場合は、ブラウザのヘルプ機能で「クッキー」を選択し、詳細を確認してください。

メタボリックシンドロームの真実 について

 メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)は、心疾患や脳血管障害になりやすい身体の状態を判断するものとして、2005年4月に統一的な診断基準が制定されました。 医学の発展の一方で、現代人は運動不足・偏った食生活・忙しい生活と過剰なストレスなどで、自分の健康を自らの手でおびやかしています。 メタボリックシンドロームとは、そんな現代に特有の症状で、切実な社会問題です。
 メタボリックシンドロームは予備軍を含めると中高年男性では2人に1人という高い確率で見られるのですが、その診断基準や治療の方針については疑問の声もあるようです。
 このサイトでは、メタボリックシンドロームとは何か、メタボリックシンドロームになるとどのような危険性があるのかを解説すると同時に、現在考えられている問題点についても説明します。